不動産を貸す時に知っておきたいこと

「家を貸す」 一見難しそうに思えることですがこれさえ把握しておけば大丈夫です。

持ち家を貸したいときの大まかな流れ

家やマンションを買った後に結婚や地元へのUターン帰省、転勤などの理由で引っ越さなければいけなくなった場合に購入したマンションや家を「貸す」という選択があります。 不動産を貸す前に、いくつか知っておきたい点や注意しておきたい点があります。 まずは不動産を貸すときの基礎知識をまとめてみました。

家を貸すことになったら

何からの事情で持ち家が空家になってしまう場合、持ち家を貸すことで税金を取られる家から利益を上げる家に変えることができます。
上手くいけば、副収入だけでなく家賃収入で住宅ローンを返済できるといくこともあります。

一戸建ての家やマンションの1部屋でも所有し、他人に貸すことにより賃貸収入を得ることを賃貸住宅経営といい、家を売るのに比べて、毎月家賃収入を得られることが大きなメリットです。
また、場合によっては賃貸契約終了後は家が戻ってくることもあり、家のメンテナンスなどの必要経費が家賃収入を上回ってしまったときは確定申告により税金が戻ってくる可能性もあります。

不動産を貸したいときの大まかな流れは以下になります。
1.相場を調べ賃料の目安を立てる
2.貸した場合の収支を考える
3.賃料の査定を依頼
4.不動産会社と正式に契約

不動産会社と契約後は入居者募集、入居者の審査・契約、クリーニングやリフォームと、やるべきことがたくさんあります。
個人でこれを行うにはかなりの知識と労力が必要であり、非常に難しいことなので不動産会社を介することがおすすめです。

契約で定めた期間が満了すると契約が終了する「定期借家制度」や、入居者がいない場合や空き室の場合でも一定額の賃料(収入)が得られるシステムがあります。
その制度を利用するには、やはり不動産会社にお願いすることが必要です。
リスクやトラブルを軽減するためにも、個人ではなくプロに相談しましょう。

普通借家契約と定期借家契約について

賃貸契約には主に2つの契約方法があります。 ・普通借家契約 契約期間は1年以上、上限なしの期間に定めのない賃貸借契約 ・定期借家契約 契約期間は自由であり、貸主の決めた期間で契約終了できる賃貸借契約 しかし、あらかじめ「再契約」を前提とした契約もあり、契約終了後も問題なければ再契約できる

2つの契約のリスクについて

どちらの契約にするにしてもリスクがあります。 ・普通借家契約 一度家を貸しに出すと貸主の都合で契約をやめることはできない ・定期借家契約 決めた期間で契約終了させることができるが、通常の家賃相場では貸せない 持ち家を貸す際は「将来その家をどうするか」ということを明確にし、どの契約を依頼するのか決めましょう。